くま子(33)婚活はじめました

恋と現実と未来の狭間に埋まる

はじめての街コン

婚活がんばってる友達さち子(仮)に連れてってもらいました。

システムとかは割愛。三店舗を回れるかんじでした。で、計5組の男性に会い、収穫もそこそこ?かな。

やっぱり外に出て出会いに行かないとだめだな!というのを感じました。やってるアプリは事前に趣味とかを知れて、趣味つながりで繋がれる分、好みの合う人とは会いやすいけど、会うまでのハードルが高いし手間がかかる。それに比べると、今日会って、いいなと思うきっかけがあれば次また飲みに行きましょう、て方が親しさ深めるには速度が圧倒的に早い。とはいえ最終的にどちらが合う人に会えるのかってのはまだまだこれから検証です。

以下、会った人めも。

 ●一組目
記念すべき初めての街コンでの初めての出会い。第一印象は「街コンにこんな普通の人来るんだ・・・!」でした。偏見を取っ払ってくれるいい出会いでした。が、話してたらなんと友達の友達であることが発覚。わりとリア充で人脈も豊かな筈であるので、再度「街コンにああいうグループの人も来るんだ・・・!」と驚き。自分が思ってるよりも全然街コンて気軽なんだなってのを認識しました。

●二組目
今回お会いした中で一番印象が薄い。お互いに興味を持てるかどうかって大事ですね。あと顔色変わるくらい飲んでる人ってちょっと引くなーと思ったことしか覚えてない。

●三組目
今回お会いした中でちょっとおそろしかった一組。前のめりすぎる人ってどうしても怖いなあと思ってしまう。慣れの問題なのかな。

●四組目
お酒をとってきてもらった流れから「好きなお酒はなんですか?」と尋ねたところ、ウィスキーで意気投合。名前も名乗らぬうちから、さち子ともう1名の男性そっちのけでウィスキー談義に花を咲かせてしまいました。くま子は日本酒とウィスキーと薬草系リキュールが好きですが、家では飲まないので、うしろ2つを飲みに行く機会がほんとありません。なので、貴重な人と知り合えたのは非常にうれしく。とても感じもいい方だったので、ぜひ仲良くなりたいなーと思ったら、終わった後LINEでお誘いがきました。わーい。

●五組目
普通にいい方達だったので、終わった後一緒にボーリングどうですか?と誘ってもらってついていきました。ボーリングの待ち時間に恋愛系トークなどをし、そうだよなー街コンの決められた時間だとほんと自己紹介だけってかんじで第一印象が全てに近く、人柄を知るにはあと10分とか15分とか必要だよなーてことを考えてました。

 

その後、さち子とごはんを食べに行き振り返り会をしました。ときめきに流されずにゴールは結婚だ!とお互いの気を引き締め解散。