くま子(33)婚活はじめました

恋と現実と未来の狭間に埋まる

個室婚活パーティーに行ってみた

この週末パーティーに行ったしな、と婚活再開を名前に入れて自分を鼓舞。— くま子@婚活再開 (@kumacco8) 2016年6月12日Twitter名を、ただのくま子からくま子@婚活再開にしてみました、のくま子です。こんばんは。数カ月ぶりに、婚活パーティーに行ってきま…

なつかしの恋愛バトンをやってみた

久々のブログです。 書いてない間何をしていたかというと ・ついったーしてた ・ホットヨガを始めて通い詰めて既に飽き始めた ・ゼクシィ縁結びをやめた ・Tinderの軽さに色んな意味でびっくり そんなとこでしょうか。 さて、いつも楽しくブログを読ませても…

ソロ街コンに行ってみた

さち子と、次の街コンいつ行こっかーこの日どうかなーと話していたところ、数日後にLINEが入りました。さち子「やっぱり〇日やめていいかな?自分を見つめ直す旅に出たい。」最近のさち子はちょっといいなーと思っていた人と進展がなさそうで落ち込んでいた…

pairs面接2人目:野菜君(31)から衝撃的な告白を受ける

pairs面接二人目は、くま子のpairs放置期間にメッセージつきいいね!をくれていた、野菜君(31)。正直なところ、スペックや将来の夢的には婚活対象外。「老後は田舎で農家をやりたい」というビジョンに共感出来ないのと、飲食店の夢があるのも個人的に無理…

グルメコンのごはんに期待して行ってみた

一週前、倉庫と会議室の婚活パーティで微妙な気分を味わった、さち子とくま子。その後の反省会(と言う名の女子ごはん)にて、「こないだの街コンそこそこよかったし、やっぱ婚活パーティより街コンじゃない!?」と翌週の街コンを予約することに。さち子「…

ハイステータス婚活パーティでの敗因

初めてでありながら、1日に2件の婚活パーティをはしごしたくま子ですが、二件目の成果は残念なかんじに終わりました。フリータイムの半分以上を一人で過ごし、一件目で得た妙な自信を砕かれることとなりました。自分に都合いいように考えると、年下男子に需…

ハイステータス婚活パーティなるものに続けて行ってみた

はじめての婚活パーティ終盤、同日の夕方から別会場で行われるハイステータス男子パーティの無料チケットをもらった。無料だし!お昼不作だったし!と、さち子と梯子することにする。ハイステータス男子という条件にちょっとときめきつつ。 開始時間まで大分…

はじめての婚活パーティでその日の夕方のパーティの無料券をもらった話

はじめての婚活パーティ、つづき。 honeylatte8.hatenablog.com honeylatte8.hatenablog.com 回転寿司がくるくる回り、女性の方が多いのでたまに休憩がはさまる。遅れているさち子に「倉庫みたい」などとLINEをして時間をつぶす。そうこうしているうちに、人…

はじめての婚活パーティでのはじめての会話の話

はじめての婚活パーティ、つづき。 honeylatte8.hatenablog.com 受付で渡されたプロフィールカードにまず記入しなければならないのだが、元々自己アピールが不得手なので何を書いたらいいのか初見では結構困る。かつ、会場のイメージとのギャップへの驚きと…

はじめての婚活パーティはまず会場に驚いたっていう話

朝起きると、正直乗り気じゃない自分がおり、つい、キャンセル規定を調べてしまった。もちろんキャンセル料がかかるとのことだったので、勿体無いから自分を奮い立たす。「一昨日買ったニットワンピ着てウキウキするんだ自分!」「さち子にも会えるんだから…

街コンで知り合ったドトール君(33)と出かけたが、デートではなかったと思う。

何故ならそこにときめきが皆無だったから。 ー 完 ー で、言いたいことは終わってるけど、それではブログが成り立たないから、もうちょっと書いとく。 ↓知り合った街コン日記はこちら honeylatte8.hatenablog.com 街コンで知り合ったドトール君は、ウィスキ…

pairsからの面接(1)白君(29)補足 「寿命を考えたら年下にいくべき」

昨日の日記の補足 honeylatte8.hatenablog.com 靴下の白さに引いてたら、流行ってましたよーとついったで教えてもらった。 @konkatsulab ありがとうございます!若い女子の靴下+サンダル流行も理解できなかったので同じようなもんなんだろうなーと解釈しま…

はじめての婚活パーティーに行き損ねた話

来週、さち子に誘われた年下男子婚活パーティーがあるので、先だって今週一度行ってみようと申し込んでみた。なんでも先ずはお試しが重要だからね!と思って。 が、開始の1時間半前に知らない番号からの着信。はてな?誰だ?と思って出たら、婚活パーティー…

ネット婚活 アプリ・サイト比較

婚活がんばってる友達さち子(仮)が「肉○やろうよ!」と言うので、一番直近では○会はじめました。オファーを受けるかどうかはさち子に任せているのですが、さち子は婚活の一環として肉会してるので、プロフが不明な人や写真不鮮明な人はNO!というわけで、…

はじめての街コン

婚活がんばってる友達さち子(仮)に連れてってもらいました。 システムとかは割愛。三店舗を回れるかんじでした。で、計5組の男性に会い、収穫もそこそこ?かな。 街コン思ったより楽しかったし、収穫もあった。アプリちょこちょこやってるよりは手っ取り早…

恋も始まらぬうちから、ありのままを見せてはいけない

そのオファーは婚活・恋活アプリを再開して数日の時にきた。 年齢36、くま子的にはギリギリ、世間で言うならちょうどいい、男性目線で言うならむしろわたしの市場価値の方が低いという年齢である。写真がプロの撮ったかんじで、はて?どういうシチュエーショ…

プロフはこうやって見る

さて、前回婚活サイトのプロフ文が重要だという話を書きましたが、くま子はとにかく多くのプロフ文を読むことで、プロフ(定型項目含む)を見るだけでときめきを感じる能力を手に入れました。 主なチェック項目はこんなかんじ。 ・写真まず顔が生理的にOKか…

某SNS系恋活・婚活アプリで1年の溝の深さを思い知る

昨年恋活でお世話になったアプリの活動を再開。 集団飲み会が苦手で文字コミュニケーションが得意なので、合コンよりもネットの方が戦闘力が高いくま子です。そして昨年めでたく運命の出会いだわ・・・!という彼氏を一度は手に入れた経験(結果はさておき)…

2016年、婚活を始めようと思う。

2015年、それは少しの幸せやときめきと引き換えに三十路の一年というかけがえのないものを失った一年だった。 周囲は大枠では第二子出産ブーム、人によっては第三子出産。フェイスブックには子供の写真が溢れすぎて少子化が全然実感もてない。いつも集ま…