くま子(33)婚活はじめました

恋と現実と未来の狭間に埋まる

個室婚活パーティーに行ってみた


Twitter名を、ただのくま子からくま子@婚活再開にしてみました、のくま子です。こんばんは。
数カ月ぶりに、婚活パーティーに行ってきました。
唐突に時間が空いたもので、思い立ったが吉日宣言。
とはいえ、久々すぎるし、そもそも一人で婚活パーティー行ったことないし(いつもさち子が一緒だった)で、かなり参加をぎりぎりまで迷いました。その日収穫があってもなくても、後で女子反省会をやるから楽しめる、そういうもんだと思っていたもので、ボタンを押す勇気が出なかった。なので、暫く経って見たら「満員御礼!あらー残念!(ちょっとホッ)」てなればいいなって思いながらウダウダしてた。やりたいけどやりたくない、むしろやりたくない、そんなかんじだった。ところが、不安な気持ちを呟いたら、ついった婚活村の素敵なみなさんがエールをくれて、「おおおこんなに応援してもらって行かないとかないな!」て勇気貰って、残り一枠の女性枠に滑り込んだのでした。

余談ですが、わたしが申し込んだ時点では男女残り一枠→男性のみ残り一枠、となった筈なのに、次の日見たらまた男女残り一枠、になってた。キャンセル期限は過ぎているので、減ることはない筈。つまり期間が迫ってくると「残り一枠」という申し込みやすい文言を利用しつつ、男女バランスの調整をはかっているようです。なので「8対8」で「残り一枠」でも7人いるとは限らない模様。現にわたしの行った回も5対5でした。
あと「32~42歳位」って「位」がつくと年齢制限は大分ゆるくなるようで、49歳の方とか余裕でいました。色々表示もちゃんと見ないと落とし穴がある。

選んだ婚活パーティーはパーティーパーティーというところの、個室タイプ。グルメコンと迷ったのですが、知らない人だらけのグルメコンでご飯を楽しめる気がしなかったのと、他のパーティーが「残り1名!」「満員御礼!」の中で何も表示がなかったので何人いるのかわからないな…と思ってやめました。個室については、初めての個室だー!とこれまた呟いておりましたら、「わたし個室派ですよー」「個室はゆっくり話せていいですよー」と教えていただけて、モチベーションUPした状態で臨みました。

 

当日、わかりにくいビルについたところ、天井の低い中にたくさんの仕切られたブースがありました。その横を歩いて、そのうちの一つに通されます。
初見の印象は「自習室だ…!」あるいは個別指導の塾。
なつかしさすら覚える、狭さと壁越しに感じる多くの人の気配。
一つ違和感あったのは、占いコーナーみたいな対面式を予想していたら、席が横並びだったこと。これはやっぱり向かい合わせだと対立の形式になっちゃうのを気にしてるんでしょうか?


さて、行った場所が大型だったのか、いくつもの時間開始の回を並行してやっておりました。天井の低い(二回目)室内には「○時○分のお客様ー!男性様移動のお時間ですー!」「○時△分開始のお客様ー!お時間までしばしお待ちくださいー!」と大声でスタッフさんが叫ぶ声が飛び交っていて、なんか、もう、始まる前からだいぶカオス。

よくよくアナウンスの声を聞いていると、どうやらプロフィールカードにiPadを使っている人たちもいるようなのですが、くま子の回は紙でした。なんかちょっと残念。

そんなこんなな初個室総括↓


いやもう本当、パーティって名前変えたらいいと思う。

そんで一応、第一希望の方とカップリングしたのですが、


多分このままFOです。

なつかしの恋愛バトンをやってみた

久々のブログです。

書いてない間何をしていたかというと

・ついったーしてた

ホットヨガを始めて通い詰めて既に飽き始めた

・ゼクシィ縁結びをやめた

・Tinderの軽さに色んな意味でびっくり

そんなとこでしょうか。

 

さて、いつも楽しくブログを読ませてもらっている、担々麺たん (id:yu-rin-chi)さんから、嬉しいことにバトンをいただいたのでやってみました!mixi世代には懐かしい筈!

yu-rin-chi.hatenablog.com

 

恋愛バトン

Q1.いきなり回す人を3~5名 。

ついったでもお話させていただいている方々。
やるやらは気が向いたらでどうぞ!

ねね (id:jjjjjjuri) さん

ゼロid:lq0konkatsu さん

よっしー (id:jyuna17) さん

とまid:Otypelady さん

 

はてなじゃないけど

うさみさん

blog.livedoor.jp


Q2.まずは体型

こでぶ

 

Q3.髪型&色

茶髪ロングだったけど、割と黒めになってきた。


Q4好きな人のイニシャル

そういうのは心に秘めとくもんです。


Q5.どんなデートしてみたい?

美味しい夜ごはんを食べた後、「美味しかったねー!」「また来たいねー!」て言いながら、二件目のバーを探してうろうろ。
落ち着いた雰囲気のお店に入って、いい木のカウンターで二人そろってウィスキーをしみじみ飲む。飲み比べとかしてみたりしつつ、「美味しいお酒って幸せー」てうっとりする。
ごきげんになった状態で、夜風を感じつつふらふら手つなぎ散歩できれば最高です!


Q6.どんな性格の人に弱い?

 

自分に自信のある、ちょいいじめっこ。
はい、ダメンズほいほいと言わないで。


Q7.見た目カッコイイ系か、かわいい系かどっちがスキ?

カッコいい系


Q8.街を歩いててついつい目が行っちゃう服装は?

細身男子の着こなす、サイズ感が絶妙なスーツ姿!


Q9.(付き合う)相手を決めるポイントは見た目?それとも性格? 

まずは見た目から。性格も見た目に出るしね。


Q10.略奪愛した事ありますか? 

しきれませんでした。


Q11.自分達の結婚式に流したい音楽は? 

披露宴恥ずかしいのでやりたくない。


Q12.甘えられたい?甘えたい? 

甘え下手の長女ですが甘える派。

 

Q13.どんな男性、女性がダメ? 

男→自分の故郷をけなす奴

女→女子の行動は大体「なんだかんだ言っても可愛いな」と思えれば許せる。


Q14.異性の体のパーツ。どこフェチ? 

 


Q15.初デートはどこに誘いますか? 

ごはんが美味しそうなところ。


Q16.最近出会いはありました? 

暫くさぼってたけど面接アポどり再開しました。


Q17.アナタが恋に落ちるきっかけはなんですか? 

「この人、もしかしたら自分のこと好きかも」て思った時に気持ち悪くないかどうか。


Q18.将来の家族構成は? 

老後も手つないで散歩できるパートナーが欲しいです。


Q19.異性のどんな一言に弱いですか? 

「ウィスキー好きなんだよね」


Q20.魅力を感じる異性の仕草は? 

ごはんの食べ方が美しく、かつモリモリ食べてるとき。


Q21.歳の差上?下何歳までならストライクゾーン? 

28~36くらい。39までは妥協ゾーン。
何歳上だからとかじゃなくて、年齢の問題。

 

Q22.自分の結婚適齢期はいつだと思う? 

次の冬くらい。


Q23.異性運はいいほうですか?エピソード付け足して説明してください。

ダメンズ好きと言われたりもするけど、終わった相手に対しては感謝しているので、自己評価的にはくないと思ってる。過去のその人たちがいての今の自分ですね。


Q24.コレされたらイチコロです、って言う対異性の急所とかってありますか? 

勧めてきた音楽の趣味がよすぎたとき。


Q25.あなたは引っ張る方?引っ張られたい方? 

理想は手を繋いで一緒に歩く状態。引っ張ったり引っ張ってもらったり。


Q26.あなたは異性に告白するタイプ?告白されるタイプ? 

自分からは言わないタイプでしたが、必要に応じて自分から行動することも大事だと思うようになりました。


Q27.恋人と一緒にいて、幸せを感じるのはどんな時ですか? 

朝起きたら横ですやすや寝てるとき。平和の象徴。


Q28.告白するならどこがいい?

散歩中の人気のない道端とか。


Q29.恋人に歌ってもらいたい曲は? 

好きな歌を歌えばいいと思うよ。


Q30.恋人が悩んでいたらどうする? 

 

まずは話を聞こうとする。


Q31.恋人に守ってもらいたいことは?

最低限の必要な連絡は早めにしてほしい。


Q32.恋人と結婚を決める瞬間。 

わたしが知りたい。


Q33.「好き」や「愛してる」は言う派?or言われたい派? 

言われたい派なのに「すきすきー」言っちゃう派。

「愛してる」は言ったことないですね。


Q34.彼or彼女の見なくていいもの(基本見て悲しくなるよーな事)を偶然見てしまった時の対処法は?ちゃんと心の整理はできますか? 

ショックで真っ白になる。


Q35.付き合った人と同棲したい? 

独り暮らしはもう飽き飽きなので誰かのいる暮らしを熱望しているが、
中途半端な同棲はやめたほうがいい。
引越しでお金がかかりすぎて大打撃くらった。

 


Q36.恋人と自分の夢どっちをとる? 

どっちもがんばろ。


Q37.浮気はアリ?ナシ? 

なしなし。


Q38.浮気されたことある?またしたことある?

最後の一線を越えたことはないからセーフセーフ。


Q39.どこからが浮気? 

同上。


Q40.大好きな人が浮気!!どうする?? 

混乱して吐く。


Q41.明日で恋人が死んでしまうとしたら最期になんて言葉をかけてあげる? 

黙って抱きしめる。


Q42.なかなか忘れられない恋愛をした事がありますか?話せればぜひエピソードも… 

ないしょ。


Q43.相手からもらって一番嬉しかったプレゼントは?(将来貰いたいものでもok) 

味噌汁。幸せの味がするー!と飲んで泣いた。


Q44.遠距離恋愛とか大丈夫? 

意外とできる。


Q45.束縛したい?されたい?されて嬉しい?それともうざい? 

かわいいやきもちは歓迎。


Q46.メールは一日中していたい? 

一日中するようなつきあいをしたことがないっす。
つきあってなくても、仕事中に送ってくる男には引きます。


Q47.電話はかける方?かかるの待つ方? 

待つ方。自分からかけない派。


Q48.恋を長続きさせるために大事なのはなんだと思う? 

恥じらいと初心を忘れないこと。


Q49.相手の過去の恋愛は気になる? 

過去は過去なので。


Q50.友達から恋人へ・・・はあり?? 

ありかなー


Q51.血液型気になる? 

血液型占いに興味がない。


Q52.今、大切にしたい人はいますか?

こでぶ脱出したら会いに行きたい人はいる。

 

以上!

最後までお読みいただき、ありがとうございましたー!

 

 

ソロ街コンに行ってみた

さち子と、次の街コンいつ行こっかーこの日どうかなーと話していたところ、数日後にLINEが入りました。
さち子「やっぱり〇日やめていいかな?自分を見つめ直す旅に出たい。
最近のさち子はちょっといいなーと思っていた人と進展がなさそうで落ち込んでいたので、二つ返事でOK。いい旅にしてきてね!と送り出した。
で、自分どうしよっかなーと思ったら、丁度「おひとり様街コン」なるものがあったので、前日まで迷いに迷った挙句、行くことにした。家でだらだらする誘惑と闘いながら。今日が一番若いのだから、1日だって無駄にできない!と己を励ましながら。

会場を事前に食べログでチェック。若干のイマイチ感を感じつつ、もう会場にも料理にも期待しないベースは出来ているので、そんなもんかなーというところ。しかし、この慣れてきた自分の感覚には残念さを覚える。

 

当日、会場につくと受付に長蛇の列。おお…本当に皆一人で来ている…パーティー始まったらにこにこするだろうに、真顔で妙齢の男女が並んでいる様はとてもシュール。婚活市場のこの、コミュニケーションの極端なオンオフってほんと変だなーとか考えながら並びました。

会場内は60人が3つのグループに分かれての立食パーティでした。この時点でもう嫌な予感しかしない。日本人には立食パーティは向かない。パーティ慣れしていないから、自由に歩き回ったりしないし、自由な交流など生まれないことが目に見えている。実際グループになって集まっても、30名一気に話せるはずもなく、二つに分かれて自己紹介してみたけど、まあ覚えられないよね!!最初とか、皆どうしていいかわからないから、何故か男性同士女性同士で話しちゃったりして、今日ここに何しに来たの?状態。
時間が来ると男性だけがグループ移動をする形で、女性は固定。つまりは男性はあの子いい!と思えば多少選べてチャンスがあるわけですが、女性は基本待ちの状態なので来た人と話すのみ。そこで我が我がと行くアグレッシブさは、くま子も持ち合わせておりません。好みだなーと思ったメガネ薄顔細身ボーイがいたんですが、他の人と熱心に話してるのを目の端で追って終わりました。
一番の収穫はこれ↓


あとは元マジシャンと今度ごはんいきましょうーとなりました。またマジックかよ!と脳内セルフツッコミ。↓一人目の手品ボーイ。

honeylatte8.hatenablog.com

 結論としては、立食も30人グループもやりにくかったから

となりました。

 

ソロ街コンにはもう行かないし、他の人にも勧めない。

pairs面接2人目:野菜君(31)から衝撃的な告白を受ける

pairs面接二人目は、くま子のpairs放置期間にメッセージつきいいね!をくれていた、野菜君(31)。
正直なところ、スペックや将来の夢的には婚活対象外。「老後は田舎で農家をやりたい」というビジョンに共感出来ないのと、飲食店の夢があるのも個人的に無理。(個人個人違うとは思いますが、くま子は二人飲食系の人とつきあって、もう懲り懲り!と思っているため)だったのだけど、メッセージがコミュニティなどもよく見て書かれた感あり好感度が高かったので、とりあえずやりとりはしてみようかなーとありがとうを返しました。メッセージつきいいね!の内容って大事。

そしたら数カ月後にありがとうを返したのにも関わらず、その後のメッセージ交換も非常にテンポよく続き、話も合ったので会ってみようとなりました。音楽と食の好みが非常に合って楽しそうだったので、お誘い嬉しく、すんなりと。でもあくまで婚活対象外、友活として。「何故pairsやってるんですか?」を事前に聞いたところ、「普通だと知り合えないような人と知り合いたい」「恋人じゃなくて友達になったりすることもある」とのことだったので、友活スタンスでもOKかなーと思いました。とはいえ、少しは恋活としての期待がなかったとは言いません。


待ち合わせはごはんやさん現地。とてもわかりにくいところにありましたが、むしろそれがいい。古民家の隠れ家的な雰囲気が期待を高まらせます。くま子が先について待っていると、少し遅れて野菜君が到着しました。
野菜君「おしゃれで緊張する・・・!」
この隠さず正直に緊張感を口にするところ、好感がもてますね。
メニューの選び方も、こちらの意見も尊重してくれて、ほどよいかんじです。

pairs上でもLINE移行してからも、色んな話を元々しており、しかもそれが義務感なく会話が続けられていただけあって、実際会っても自然体で話もつきることなくほどよい盛り上がりでした。一番嬉しかったのは、好きな俳優の話になって、某女優さんの名をあげたら、雰囲気が似てると言われたこと。いや、雰囲気てどうとでも言えるねーとか、顔のつくりなどは全く似てないのだけど、あまりに自然に褒められたので思わず嬉しくなってしまいました。

そんなこんなで食事は美味しいし、日本酒も美味しいし、話は盛り上がるし、いいなー楽しいなー婚活対象外なの残念だなーと思ってたら
野菜君「訊かれなかったし、言ってなかったんだけど」
妙な前置きをして襟を正すので、
なにかと思いきや
野菜君「子供がいるんだよね」
え!?え????
くま子「へーそうなんだ」。о(いやそりゃ知らないのに訊かないだろ・・・!!!)
受けたショックの大きさに、やっぱりちょっと恋の期待をもってたんだなあーてのを自覚しました。同時に、完全に友達コースだな!!とキッパリ思いました。

後日確認したところ、pairs上の子供欄も婚歴も「なし」になっていたので、通報しようかなと一瞬思いましたが、友達っぽくなってるので黙って通報するのもなーと思いとどまり今に至る。もうちょっと仲良くなったら諭してみよう。

 

グルメコンのごはんに期待して行ってみた

一週前、倉庫と会議室の婚活パーティで微妙な気分を味わった、さち子とくま子。その後の反省会(と言う名の女子ごはん)にて、「こないだの街コンそこそこよかったし、やっぱ婚活パーティより街コンじゃない!?」と翌週の街コンを予約することに。
さち子「くま子はごはんに拘りあるから、グルメコンいいかも!」
とのことで、前回と同じ街ではなく、グルメコンと謳ってる場所に行ってみることにしました。
前回の街コンはこちらから↓ 

honeylatte8.hatenablog.com

 

 いい出会いあるといいな~が6割、グルメコンってくらいだから美味しいお店だといいな~というのが4割、くらいの気持ちで出かけて行きました。
場所は隠れ家的小料理屋が多いことで評判を呼ぶ某街、行くのは人生で3度目くらいです。

集合場所はアジアン料理屋。そう。アジアン。んん!?この街で和じゃなくてアジアン…!?という時点でやや違和感。
アジアン料理屋前で案内されたお店は居酒屋。い、居酒屋…!?小料理屋じゃなくて居酒屋?と思いつつ、でもこの街だし!と思い直してさち子と二人で向かいました。

向かった先には少し古民家風の居酒屋さん。入った途端に既に会話が弾んでいる男女が沢山~なのはいいとして、2:2の筈なのに、机の四辺全てに人が座る掘りごたつ的な席に案内され、2:2×2ですごい変な空気に。斜めに座ってる男性と話をするのですが、目の前にはもう一組の男性が座っているわけです。超謎。

f:id:hl_cc:20160206190903p:plain


そして出てきた料理は、カラアゲその他…というかんじで、うん、とっても居酒屋です!全然「グルメコン」て名乗っている意味がわからない。

街コンなので、その他2店舗あって一応すべてまわりましたが、どのお店でもグルメと名乗る意味はやっぱりわかりませんでした。
さらに、グルメコンってとこに来てるぐらいだから、集まった男性も食に拘りありかと思いきや、
「この日で検索してたまたま出てきたのがここだったから来てみた」
の回答率高すぎで、全然参加者もグルメではありませんでした。
冷静に考えれば、小料理屋が街コンに参加とかしないよね!?てことくらい気づこうよって話だったのかなーなどと思いつつ。料理も小鉢とか出てきてもね!


結論
グルメコンにはもう行かない。

ハイステータス婚活パーティでの敗因

初めてでありながら、1日に2件の婚活パーティをはしごしたくま子ですが、二件目の成果は残念なかんじに終わりました。フリータイムの半分以上を一人で過ごし、一件目で得た妙な自信を砕かれることとなりました。自分に都合いいように考えると、年下男子に需要があったかもしれないがハイステータス男性には需要がなかった、と解釈することもできますが、大きな敗因は以下2点な気がしています。

敗因1)しゃべりすぎた
ハイステータスの一人目テンプレ男に圧倒されてあまり話が出来なかったので、これではいかん!!と二人目から先攻で喋りました。初めてではないんだし!という妙な気合いも手伝って、頑張り過ぎた。頑張って喋れば喋るほど、忙しさでぐるぐる廻る相手のメモもとれないし、誰が誰だか印象も残らず、ただ疲労感だけが積もっていくという残念な結果に。まるで仕事の営業100本ノック!とかやってるような気分でした。パーティ後の反省会でさち子にもしっかり言われた。
さち子「喋らなくていいんだよ~ぼーっと聞いてるくらいでちょうどいいよ!」
たしかに、姉コンでやたら気に入ってくれた手品ボーイに対してくま子が発した言葉は「すごーい(手品が)」が8割くらいを占めていた気がする。

敗因2)良いアピールにならない趣味
趣味・得意なこと欄に「これは食いつきがいいだろう!」と思った副業的な趣味を書いたところ、読み通り8割以上がその話題にくいついた。計算通り…!と思いきや、話題が「もうかった?」「全然もうからないんですよ!!(熱弁)」となってしまい、女子力0…。読みは当たったが、当てるところを間違えていたという残念な例。

 

で、じゃあ次回からどうするの?って話だけど、先攻して話すのはやめても、「すごーい」だけ言ってる女子にはなれないしならないな、と。趣味欄に書く内容を変えたところで、「もうからないんですよ!(熱弁)」な自分は自分だしな、と。ハイステータス男性に需要がないことは自覚した上で、そうではない狩場に行こうと思ったのでした。自分が活きれる場所探しが出来るといいな。

ハイステータス婚活パーティなるものに続けて行ってみた

はじめての婚活パーティ終盤、同日の夕方から別会場で行われるハイステータス男子パーティの無料チケットをもらった。無料だし!お昼不作だったし!と、さち子と梯子することにする。ハイステータス男子という条件にちょっとときめきつつ。

開始時間まで大分あったので、年上女子の姉コンパーティに一緒に参加していた女性を一人誘って三人でお茶。話聞くと、バスコンに参加したことがあるらしく、今日は一人あたりの時間が短くてよくわからなかった、バスコンの方が一人とじっくり話せてよかったとのこと。
さち子「合わない人が来たら困りませんか…!?」
くま子もそう思う。パーティーの回転寿司状態なら多少しんどくても乗り切れるけど、長時間はずれだなって人と隣にいるのはしんどい。
彼女はハイスペには参加しないということだったので、お互いの今後の発展を祈りつつおわかれした。

 

会場についてまず気づいたこと。
くま子「このビル、仕事で来たことある…」
不可抗力で落ちるテンション。一気に非日常感皆無。パーティへのわくわく度が失われていきます。

そしてエレベーターを降りた先の会場は、今度は会議室だった。昔仕事で会議室手配とかしてたので、ついついどれだけ運営がぼろもうけなのかとか考えちゃうよね。中には端に寄せられた会議室の長机、机に囲まれた空間にコの字型になっている椅子。そこに男女交互に横並びに座る形式。
さち子「こんなの初めて…」
くま子 。о(椅子取りゲームみたい…)

途中、夕方になって窓から見えた夕焼けが美しかったことだけが救いです。

 

開始までの時間、すぐ横の男性の香水の香りに頭が痛くなりつつ、参加者を観察。なるほど、さっきの姉コンパーティに比べると、皆様身なりがきっちりしていらっしゃる。見た感じは、いたって普通の方々ばかりで、難ありというかんじでもない。男性ってどういうテンションで来るんだろうなーと、会議椅子に行儀よく座るエリート達(多分)を見てぼんやり思った。女性は友達と来てきゃっきゃしてたりするけど、街コン男子と違って婚活男子の待ち時間の周囲のシャットダウン感すごい。

 

回転寿司が始まり、横の香水男と斜めに向かい合い、ご挨拶。続けて香水男が口を開き、自己紹介を始めた。

香水男「僕は仕事は□□で××していて、海外出張も多くて月に一回は海外に行くんです。今は〇〇に行くことが多いかな。仕事も充実しているけどプライベートも(中略)〇〇がすごく好きで、□□をしたりしています。」
ものすごい流暢な長台詞にただただ圧倒。この香水男、さち子を気に入りフリータイムにもさち子のところに来たらしいのだが、
さち子「あの人、(回転寿司とフリーの両方)二回とも全く同じ紹介を最初にしてきたんだよね」
のちにメールのやりとりもしたらしいのだが、
さち子「メールも毎回『□□で××の香水男です』から始まるんだよね。おかしくない?」
香水男、改めテンプレ男と呼ぶことにしました。
さち子はこのテンプレ挨拶を気味悪がって、食事に行く約束をリリースしていたので、印象づけは大事だけど、やりすぎに注意だと思いました。

つづく。